アラスカってどんなところ? | アラスカシーフードマーケティング協会(消費者向け)

アラスカってどんなところ?

「手つかずの自然」と海が育てた
安心安全な天然の美味しさ。

緑と水の豊かな大地アラスカ

アラスカはアメリカ合衆国第49番目の州(1951年1月3日に州に昇格)で、アメリカ最後のフロンティアと呼ばれています。
日本列島4つ分の広大な土地は、合衆国一を誇ります。1平方キロメートルあたりの人口は、0.4人と少なく、
手つかずの自然が広がっています。アラスカ州全土の34%(日本列島の1.35倍)が国立公園や国立保護区、国定公園、
国定野生保護区に指定されている他、またアラスカ州全土の32%が森林に覆われた緑と水の豊かな地域です。

アラスカは天然シーフードの宝庫

アラスカ湾はアレクサンダー諸島とアラスカ半島にはさまれた幅約1500kmある広大な海域です。
アラスカ湾とベーリング海の2つの海域は、大陸棚の端の深海から水面に向かう栄養豊富な湧昇流のおかげで
地球上でもっとも生産性豊かな海域となっています。

アラスカの大地の恵みから大海へ流れ出た森林の栄養分はアラスカ周辺の海を汚染のない健全で豊かな漁場に育てました。
栄養分と太陽光の組み合わせにより、大量に発生した植物性プランクトンとそれを食べる動物性プランクトンは、
小さな魚と甲殻類の餌となり、さらにそれらが大きな魚や海洋哺乳類、海鳥の餌に。アラスカの海ではこうした豊かな生態系が
長年にわたり培われてきました。アメリカ全土で水揚げされる水産物の60%をアラスカが占め、
サーモンに至っては実に98%がアラスカから生産供給されています。
※どちらも2017年のデータを元にしております

アラスカ産シーフード一覧