ニシン | アラスカシーフードマーケティング協会

seafood species

ニシン

魚の種類 ニシン科
漁獲時期 3月~4月(抱卵ニシン)

北国アラスカでも「ニシン」は春を告げる魚として親しまれています。ニシン漁は、現在の商業漁業の形をとることになる遥か昔から、アラスカの沿岸地域のコミュニティーの食生活をささえる大事な漁業のひとつでした。 毎年春が近づく頃、ニシンは昆布や海藻類が豊かにしげるアラスカ沿岸の浅瀬に大きな群れとなって来遊し、そこで産卵・受精を行います。生まれた稚魚はアラスカ沖合で成長しますが、成熟すると産卵期には再び沿岸に来遊し、産卵をします。 卵を抱えた「抱卵ニシン」の卵は様々な数の子として、身は身欠きニシンや糠ニシン等に加工されます。

シーフード一覧へ戻る

Nutritional Information

栄養価・栄養成分

エネルギー

216kcal

たんぱく質

17.4g

脂質

飽和脂肪酸

2.97g

ナトリウム

110mg

コレステロール

68mg

エイコサペンタ
エン酸(DHA)

880mg

ドコサヘキサ
エン酸(DHA)

770mg

ビタミンB12

17.4μg

ビタミンA(レチノール活性当量)

18μg

ビタミンD

22μg

セレン

カリウム

350mg

1mg

カルシウム

27mg

(可食部100gあたり)