アラスカ産真だらと白菜のみぞれピリ辛鍋 | アラスカシーフードマーケティング協会(消費者向け)

recipes

真だら

アラスカ産真だらと白菜のみぞれピリ辛鍋

レシピ一覧へ戻る

アラスカ産真だらのうまみが凝縮したあっさりベースのお鍋にピリッと辛味を効かせた、冷えた体を一気に温めてくれる一品です。
野菜から出た甘味と白だしが効いたスープは、一口で気持ちもほっこりに◎
煮込まれて旨味をまとったアラスカ産真だらにラー油を絡めて食べるとさらに絶品です!

材料 2人分

  • アラスカ産真だら(甘塩たら切身)2切れ(約200g)
  • 大根300g
  • 白菜150g
  • 水菜50g
  • A
  • 150g
  • 白だし大さじ1
  • 鶏がらスープの素小さじ1
  • 食べるラー油(市販)大さじ1

作り方

  • 1甘塩たら切身(アラスカ産真だら)、白菜、水菜は食べやすい大きさに切り、大根はすりおろしておく。
  • 2鍋にAを合わせて真だらを入れる。ひと煮立ちさせてアクを取り除いたら、白菜を入れて中火で5分ほど煮る。
  • 3真だらと白菜に火が通ったら、大根おろしと水菜を入れてひと煮立ちさせ、火を止める。
  • 4食べるラー油(市販) をかける。

レシピ一覧へ戻る