真だらとれんこんの甘酢あんかけ | アラスカシーフードマーケティング協会(消費者向け)

recipes

真だら

真だらとれんこんの甘酢あんかけ

レシピ一覧へ戻る

冬の食卓でひろく愛されている真だら。アラスカ産の身厚の真だらは、片栗粉をつけて揚げることで身がふわふわに仕上がります。

材料 2人分

  • アラスカ産真だら(甘塩たら切身)300g
  • れんこん150g
  • A
  • 大さじ1
  • 少々
  • 片栗粉適量
  • B
  • 大さじ2
  • しょうゆ大さじ2
  • 本みりん大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • 片栗粉小さじ1弱
  • 揚げ油適量
  • 小ねぎ(小口切り)適量
  • 白いりごま適量

作り方

  • 1れんこんは皮をむいて乱切りにし、水にさらしておく。 フライパンにBを合わせておく。
  • 2甘塩たら切身(アラスカ産真だら)の皮をはぎ、見える範囲の骨を取り除く。 (皮と身の間に包丁を入れ、皮を撫でるように包丁を引くときれいに皮をはぐことができます)
  • 3真だらを食べやすい大きさのぶつ切りにし、Aを全体にふって5分ほどおく。さっと水洗いしてペーパータオルで水気を拭き取る。
  • 4真だらに片栗粉を薄くまぶす。
  • 5揚げ油を160℃に熱して真だらを入れ、表面がカリッとし、揚げ色が付く前に油から上げる。 れんこんは水気をしっかりと拭き取って素揚げにする。
  • 6フライパンに合わせておいたBを中火にかけ、とろみがついたら揚げた真だらとれんこんを入れて絡め合わせる。
  • 7器に盛って小ねぎ(小口切り)、白いりごまをふりかける。

レシピ一覧へ戻る